総量規制対象外

総量規制対象外

総量規制は貸金業法の中の一つの法律です。
2010年に貸金業法が大きく改正され、もともとあった総量規制の中身が強化されました。
改正後の内容は
個人の借り入れ総額が、原則年収等の三分の一までに制限される
というものです。
年収300万円の人は、個人で借り入れできる金額は100万円までということになります。

 

総量規制

なぜこのような法律が施行されたのかというと、貸金業社による無理な貸付けがたたり、借りたお金の長期延滞や自己破産などが増えていたためです。
もちろん貸金業社もきちんとした審査をした上で融資を行ってはいましたが、その審査基準は業者によってまちまちで、きちんと統一されたものではありませんでした。
なので改正後には「年収の三分の一」という区切りを付けることで、明確な線引きをすることにしたのです。

 

しかしここで気になるのが、年収をはるかに超えるローンを組むケースが多い住宅や自動車の購入時です。
住宅は何千万円、自動車は何百万円と、年収を超えるローンを組むことが普通な感覚ですから、年収の三分の一までという縛りがあると何も買えなくなるのではという疑問が浮かびます。
もちろんこういったケースも考えられた法律となっていますので安心してください。
総量規制には除外と例外があります。

 

除外)
・住宅購入やリフォームの為のローン
・自動車ローン
・高額医療費用のローン
・有価証券担保ローン 等

例外)
・おまとめローン
・緊急の医療費ローン 等

 

生活に関わるもののローンに関しては、大抵除外や例外に含まれるようになっているのです。
「年収の三分の一まで」と規制されるローンは、自分自身で利用するためのローンに限りますので安心してください。

 

この総量規制が関係するキャッシング会社は、貸金業法に基いて営業している消費者金融や信販などです。
最近よく見かける銀行が運営している銀行カードローンは、銀行法に基いて営業している会社なので、総量規制の対象外になります。

○ キャッシングで何が出来るの? ○キャッシングで出来る事には色々ありますが、主に急にお金が必要になった時に利用します。
例えば今月は色々と出費が重なって生活費が足りなくなった時や、飲み会など急なお誘いで財布の中にお金が少なかった時、家賃や通信費などの支払いを迫られているのに次にお金が入ってくるまでまだ間がある場合に、キャッシングを利用してその費用を用立てます。
またキャッシングが利用できるATMは多く、さらに休日の遅い時間でも利用できる事が多いので、出張先や旅行先でお金がどうしても必要になった時に便利です。
銀行のキャッシュカードの場合は土日祝日の場合は利用時間が短い場合が多く、また、提携金融機関でないと利用できないという制約があるため、行った先で使えなくて困惑したという事があります。
しかし、キャッシングはそういう事はほとんどありません。
24時間利用可能で利用可能なATMも多いため、行った先や夜間や早朝に急にお金が必要になった時にもすぐにお金を用意する事ができます。
この他、どうしても欲しい物が必要になった時にもキャッシングがあると非常に便利です。
街でふと立寄ったお店で見た商品が気に入って欲しかったのにお金が少し足りない場合や、インターネットオークションを検索したときに欲しかった商品が出品されていて、それをどうしても落札したいのだけれどその費用が足りない場合等々、キャッシングを利用してその費用を捻出します。
このようにキャッシングがあると、生活において急にお金が必要になったという場面で非常に頼りになります。